コラーゲン健康食品・コラーゲン化粧品・ゼラチンを通販でお届け

コラーゲン・ゼラチンの通販|ニッタバイオラボ公式通販サイトニッタバイオラボ公式通販サイトコラーゲン専門ショップ

お客様センター お電話でのお問い合わせ・ご注文 0120-713-178受付時間:月〜金 10:00〜16:00 祝日・休日を除く
※受付時間を短縮しております。
健康食品(健康食品・機能性おやつなど)
化粧品(濃厚・高品質コラーゲンのスキンケア)
ゼラチン・ゲル化剤(原料メーカー直売。いろいろなタイプのゼラチン・ゲル化剤)
ペット(愛犬用サプリメント、投稿画像・動画など)
トップ
健康食品(健康食品・機能性おやつなど)
化粧品(濃厚・高品質コラーゲンのスキンケア)
ゼラチン・ゲル化剤など(原料メーカー直売。いろいろなタイプのゼラチン・ゲル化剤)
ペット(愛犬用サプリメント、投稿画像・動画など)

高齢者におすすめの食事

食育のプロによる「ちょっとためになる健康・栄養情報」

高齢者におすすめの食事

1

おいしく食べるために

食事はただ食べるためのものではなく、楽しく、美味しく食べることで生きがいにもつながります。しかし、独居や高齢者二人のみでは、食事の時の会話の楽しみなどが減り、食欲低下を生じることもあります。生活リズムの乱れから、朝食と昼食がいっしょになり1日2食になることもあります。
低栄養を予防し老化を遅らせるための食生活が大切です。

☆介護食の食材の調理方法

■噛みやすいように、やわらかく煮る、蒸す

食材は、やわらかく煮てから切る。

■野菜や肉などは切り込みを入れる

繊維を切るようにかくし包丁をいれる。

■水分が多いものや飲み込みが難しいものは、とろみをつける

ゼラチン、アガー、市販のとろみ剤等を利用してとろみをつける。片栗粉は唾液で分解されるので気を付ける。

介護食

■味付けにも工夫をする

味にメリハリをつけることは効果があるが、酸味はむせの原因にもなるので強くしないようにする。

■食べにくい食材は、食べやすい状態に

パンやおからなどパサパサしたもの、上あごにくっつくもの、喉につまりやすいものは、水分を含ませてとろみをつける。

■温かいものは温かく、冷たいものは冷たく

それぞれの適温で食べることが嚥下の反射を促します。体温±20℃以上が目安。

☆食べるときの姿勢も大切

・食事中は軽く顎をひいた姿勢が理想的。なるべく楽な姿勢で、胸から拳ひとつ分上のところに顎が来るように意識する。

・ゆったりと落ち着いた雰囲気づくりも大切。

・食後は、うがいや歯磨きで口の中をきれいにする。

食べやすい姿勢

高齢者のみならず食機能(噛むこと、飲み込むこと)や栄養に関して問題があるという方々は、その人の「かむ力」「飲み込む力」に合ったかたさを選ぶことが必要です。

ユニバーサルデザインフードの選び方(区分表)

ユニバーサルデザインフードの選び方
↑このマークがついてれば、区分表を参考に飲み込やすい形態を選ぶ。

栄養のバランスを考えた食事は健康の維持に欠かせません。
低栄養予防のためにも、魚、肉、卵、大豆製品のような良質のたんぱく質を毎食取り入れていくことが大切です。食事の形態は口の中で噛みやすく、まとまりやすく、飲み込みやすいものが誤嚥(ごえん)を防ぎ、安全に食べることができます。

先頭へ
size-xl
size-l
size-m
size-s