会社沿革 corporate history

1918年(大正 7年)
近代化へと歩み始めた産業の黎明期、日本で始めて、創業者新田長次郎により、現ニッタ株式会社にてゼラチン・にかわの製造を開始
1935年(昭和10年)
現大阪工場竣工
1945年(昭和20年)
新田膠質工業株式会社設立
1960年(昭和35年)
新田ゼラチン株式会社と改称
1981年(昭和56年)
生物化学研究所設立
1983年(昭和58年)
細胞培養用コラーゲン「セルマトリックス」販売開始
1991年(平成3年)
化粧品用コラーゲン販売開始
1994年(平成6年)
品質システム規格ISO 9002認証取得
1996年(平成8年)
生体材料用コラーゲン販売開始
1999年(平成11年)
環境マネジメント規格ISO 14001認証取得
2001年(平成13年)
新田ゼラチンにて一般消費者向けコラーゲン補給食品「コラゲネイド」販売開始
2003年(平成15年)
化粧品製造業許可(27CZ9106)取得
2004年(平成16年)
株式会社ニッタバイオラボ設立(化粧品事業を開始)
2005年(平成17年)
「コラジェンヌ・スキンケアシリーズ」販売開始(販売終了)
2007年(平成19年)
「モアコラ・トータルシリーズ」販売開始(販売終了)
2007年(平成19年)
「コラゲネイド」健康食品事業を新田ゼラチンより移管
2008年(平成20年)
「HGコラーゲン」販売開始
2009年(平成21年)
「NBLスキンケアシリーズ(現、十勝の森、ピュアドライ)」「ごくごくキレイ」販売開始
2010年(平成22年)
「モイストワン」販売開始
2011年(平成23年)
「ゼラチン21」「ニューシルバー」「EGクールアガー」取扱開始
「舞肌」「ハピコラ10000」「コラカフェ」販売開始
新田ゼラチン(株)が東京証券取引所市場第二部に上場(現在は市場第一部)
2013年(平成25年)
「BMペプチド5000」販売開始
2014年(平成26年)
業務用ゼラチン・ゲル化剤の取扱開始
size-l
size-m
size-s